シニア猫のなりやすい病気【猫の腎不全の原因と対策】

猫の病気

シニア猫の様子がおかしいと感じたら腎不全かも

おしっこの量が増えたり水をやたらと飲むようになったりなど、愛猫の様子に異変を感じたなら、もしかするとそれは腎不全の症状かもしれません。

またやたら嘔吐をする口臭がアンモニア臭いなども腎不全の症状です。腎不全は猫のなりやすい病気で特に老猫がなりやすく、猫の死因の上位に入る病気ですので日ごろから猫の様子に異変がないか気にかけるようにしましょう。

腎不全とは

体内の毒素や老廃物を尿として排出する役割を持つ腎臓の機能が低下して十分な働きが出来なくなってしまった状態を腎不全と言います。

一度失われてしまった腎臓の機能は元には戻りません。さらに厄介な事に腎臓は4分の1程度の機能が失われるまでは健康な状態と比べても遜色なく機能します。つまり目に見える症状が出てくる頃や血液検査に明らかな異常が見られるようになる頃には腎不全が進行してしまっているのです。

原因と対策

人間と同様、猫も腎臓に負担のかかる食生活をしていると腎不全になりやすくなります。しかしながら、食生活に問題がない猫でも腎不全になってしまうケースも多く、明確な理由はよくわかっていないそうです。一説には猫はもともと砂漠に生息していた生き物なので体内の水分をリサイクルする作りになっているために泌尿器系の病気になりやすいと言われています。

飼い主が腎不全の予防のために出来る事は多くはありませんが、それでもしてあげられる事はあります。参考にしてみて下さい。

食生活による腎機能の低下

塩分の多いフードや消化の悪いフードを与えていると腎臓に負担がかかります。その状態が続くと腎機能が徐々に低下し失われていき限界を超えると腎不全の症状として現れます。

対策

猫の健康に則したフードを与えるよう心がけましょう。総合栄養食の表示のある物を選ぶのはもちろんですが猫の成長段階や体質にあった消化のしやすい物を選ぶように心がけましょう。

体調に異常がないのに便秘や下痢になりやすい時はフードが体質的にあってなく消化しにくいと思われますので別の物を試してみるのが良いと思います。

加齢による腎機能の低下

腎臓に負担がかかる生活をしていなくても腎不全になってしまう猫も多くいます。特に理由が無くてもなってしまう病気で、加齢に伴い体が衰えてくと腎不全になるリスクも当然高くなっていきます。

特にシニア猫にとって腎不全は最もなりやすい病気の一つと言えます。

対策

食事のケア意外に飼い主に出来る事は定期的に病院で検査を受けさせる事です。特に異常がない場合でも徐々に腎機能が低下している可能性もありますので、腎不全の発症が増え始める7歳あたりを目安に定期検査をはじめて見てはいかがでしょう。

まとめ

腎不全の自力での早期発見は非常に困難であると言えます。イメージしてみて頂ければ分ると思いますが愛猫がいつもより多く水を飲んでいたり、おしっこの量が増えたりしたのを直ぐに気付ける人はそうはいないでしょう。また、特に理由がなくともどの猫でも腎不全になってしまう可能性があるので予防対策も完璧にはできません。

以上の事から、例え健康そうでもシニア期(7歳)あたりを目安に定期検査を受けさせることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました