猫も風邪をひく【猫風邪の原因と対策】

猫の病気

猫も風邪をひく

猫も人と同様に風邪をひきます。症状も人と似ていてくしゃみや鼻水、下痢や発熱等様々です。直ぐに治る場合もあれば体力のない子猫や老猫にとっては命にかかわる場合さえあります。正しい対策や症状を理解しておく事で迅速な対応ができます。この記事では猫風邪の原因や症状、対策についてまとめます。参考にして頂ければ幸いです。

猫風邪の症状

猫が風邪をひくと様々な症状が出て来ます。分りやすい症状からよく観察していないと見逃してしまうような異変まで様々です。猫風邪の代表的な症状について紹介しますので愛猫の状態に当てはまるかチェックしてみて下さい。

鼻水・鼻づまり

人と同じく風邪をひくと猫も鼻水がでます。風邪の初期段階では水っぽい透明の鼻水が出ます。症状が悪化すると黄色っぽい色のついた粘り気のある鼻水が出るようになります。

また鼻水が固まり、鼻づまりの状態になる事もあります。人と同じで『スピー』といった呼吸音がするようになるので比較的気付きやすかと思います。

鼻水は目に見えて分る風邪の症状です。少し様子がおかしいかもと思ったら鼻水を出していないかチェックしてみましょう。

くしゃみ・咳

これも代表的な猫風邪の症状です。健康でも生理現象としてくしゃみや咳をする事がありますが風邪をひくと頻度が増えます。

いままでくしゃみや咳をする事が無かったのにするようになった場合は風邪の可能性が高いです。またそれらに加えて他の症状も出ている筈なので鼻水が出ていないか、食欲が落ちていないか等合わせて確認してみましょう。

発熱

猫の体温は個体差もありますが平均的に38度代と言われています。風邪を引くと1度ほど体温が上がります。場合によっては40度を超える事もあります。

猫の体温を測る事は家庭ではなかなか難しいと思います。お腹や頭をなでた時にいつもより暖かく感じた場合、他の症状が出ていないか確認してみて下さい。

その他

食欲不振や元気が無くなる、お腹の調子が悪くなる。他には水を飲む頻度が増える。声がかすれているなど人の風邪と同じような症状が出る事もあります。

他の症状と合わせてチェックしてみて下さい。

猫風邪の対策

猫が風邪をひかないようにするためにはどうするのがいいのか、また風邪をひてしまった場合どうしてあげるのがいいのかについてまとめます。

風邪をひかせないために

猫風邪の原因は様々で、他の猫から移される場合、温度変化やストレスによって免疫力が低下して風邪をひきやすくなる場合等が考えられます。

野良猫との接触を避ける

風邪を防ぐために出来る事は、まずワクチン接種や健康の管理をされていない野良猫等との接触を避けるようにしましょう。基本的に猫を飼う際は完全室内飼いにして、外に出さない事をお勧めします。

季節の変わり目に注意

また人と同様に春や秋など急に温度が変化する季節は猫も免疫力が低下して風邪をひきやすくなります。温度変化が激しい時はエアコン等の空調設備を利用する事も効果的です。

引越しなどによる環境の変化に注意

引越しなどで猫を取り巻く環境がガラッと変わってしまった場合も体調を崩しやすくなります。猫は縄張りから出る事に対して非常に慎重で強いストレスを感じるからです。愛用していたクッションやキャリーを配置して部分的にも猫が安心できる場所を作るようにしてあげましょう。

猫が風邪をひいてしまった場合

猫が風邪をひいてしまった場合、飼い主に出来るのは2つしかないでしょう。自然治癒を見守るか病院に連れて行くかです。

成猫であれば大抵の場合は数週間で風邪は治るでしょう。しかしながら悪化してしまう場合もありますし、数カ月にわたって長引いてしまうことだってあります。免疫力や体力がもともと低い子猫や老猫などはなおさらです。

ですので基本的には風邪の症状が確認出来たらなるべく早く病院に連れて行くことをお勧めします。

まとめ

基本的に猫の風邪の症状は人とよく似ていますので日常生活の中で異変に気付きやすいと思います。そのままでも自然治癒する場合は多いですが取り返しのつかないほど悪化してしまう可能性がある以上、異変に気づいたら可能な限り速やかに病院に連れて行ってあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました