初めて犬を飼う人へ【犬の散歩ってどうするのがいいの?】

犬の飼い方

犬の散歩ってどうすればいいの?

初めて犬を飼う人はもちろんですが、犬を飼っている人でも散歩について詳しい知識を持っている人はそれほど多くないのではないでしょうか。この記事では犬の散歩の必要性、適正な内容などをまとめて行きます。参考にして頂ければ幸いです。

散歩の必要性

結論から言うと『犬に散歩をさせることは好ましいが必ずしも必須ではない。』です。例えば、室内飼いで自由に動き回れる状態の犬であれば日々の生活の中である程度の運動は出来ていますので運動不足対策と言う面での散歩は必須ではないです。またストレスの発散や飼い主とのコミュニケーションと言う面でも室内で飼い主さんが遊んであげれば十分に散歩のかわりになると言えます。ですが、犬には群れで生活すると言う本能があり、群れの仲間である飼い主と外を歩き家の中では経験できない色々な刺激を受ける散歩は非常に楽しい事であるのも事実です。ですので普段から自由に動き回れる環境の犬にとっては散歩は非常に好ましい事ではあるが必須と言うわけではないと言えます。

犬をリードに繋いで屋外で飼っている場合は散歩は必須と言ってよいでしょう。適度な運動をしなければ筋力や体力が低下してしまいますし、自由に動き回れない状態ではストレスがたまってしまいます。

適切な散歩の内容

適切な散歩の時間、距離は犬種によって変わってきますので目安として下の表を見て下さい。

犬種 1日の散歩回数 1回当たりの時間
小型犬 1~2回 30分
中型犬 2回 30分
大型犬 2回 30~60分
小型犬の場合

小型犬は体が小さいので中型大型犬ほどの運動量は必要なく室内飼いでも健康を維持するための運動は十分な場合も多く散歩の主な目的はストレスの発散や気分転換となります。1日1~2回の散歩が目安で、1回当たり30分程度で十分です。逆に長時間の散歩は犬の負担になり健康を害してしまいかねないので気をつけましょう。その子の体力に合わせて朝夕2回もしくはどちらか1回を目安に散歩に連れて行ってあげましょう。

中型犬の場合

中型犬の場合は1日当たり朝夕の2回、1回あたり30分を目安に散歩に連れて行きましょう。運動が好きな犬種だと日課の散歩内容に満足できない場合が出て来ます。その時は1回当たりの散歩時間を少し長めにしたり、散歩の中で一緒に走る時間を設けたりしてその子にあった散歩内容に調節していくのがいいでしょう。

大型犬の場合

大型犬の場合は1日当たり朝夕の2回、1回あたり30~60分を目安に散歩に連れて行きましょう。注意する点としてあまり激しい内容の散歩はしないようにしましょう。大型犬は自重を支えるために足により大きな負担がかかっています。激しい運動は足の関節を痛めてしまうリスクが高く怪我の原因になります。ですので散歩の際はゆっくりと歩くようにしましょう。

注意するべき事

まず大前提として必ずリードをつけましょう。犬の脱走や急に興奮して暴れてしまった時の対処の為はもちろんですが、もしも通行人に噛みついてしまえば慰謝料を払わなくてはならないですし、地域によってはノーリードだと条例違反になってしまう場合もあります。

具体的に気をつける事としましては散歩のコースについてです。上り坂や下り坂、階段などが多いコースだと当然ですが足にかかる負担は大きくなります。小型犬や大型犬の散歩の際には坂や階段があまり多くなり過ぎないように気をつけてコースを考えましょう。

また散歩中に犬が疲れて座り込んでしまう事もあります。その場合は犬が落ち着くまで休ませてあげて、次回以降散歩の時間を少なく調整してあげて下さい。

他にも道路の状態には気をつけましょう。例えば夏場は路上の鉄板が非常に熱くなっており肉急を火傷してしまう事があります。寒くて路上が凍結している時は転んで怪我をしてしまうかもしれません。犬は人とは違い裸足です。出来るだけ気にかけてあげましょう。

まとめ

最初に述べた通り飼い方によっては必ずしも散歩が必要と言うわけではありません。ですが基本的に犬は散歩が好きな物です。ですので可能な限り散歩に連れて行ってあげる事をお勧めします。散歩には飼い主と愛犬のコミュニケーションの側面もあるのでどうせ日課にするなら双方にとって楽しい時間にするに越したことはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました