室内で猫を飼っているけど【猫に散歩は必要なのか?】

猫の飼い方

猫に散歩は必要なの?

猫を飼う上で事故のリスクや近隣トラブルを考慮して完全室内飼いをされている飼い主さんも多いと思います。そこで気になるのが猫に散歩は必要なのか?と言う疑問です。犬は散歩が必要と言うイメージがありますが、猫はと言うとはっきり断言できる人は少ないのではないでしょうか。

さて本題です。前提として完全室内飼いの猫ちゃんについて考えます。結論から言うと『必ずしも必須と言うわけではない』です。何ともあやふやな答えですが、専門家の間でも意見が分かれるところで結局のところその子によるとしか言えないのです。

 

散歩が必須ではない理由

猫に散歩が必ずしも必要ではない理由について説明します。もちろん個体差はあるので一般的な話として参考にして頂けると幸いです。

育った環境が大きく影響

例えば子猫の時から完全室内飼いをしている猫であれば外に対する関心は低くなる傾向にあります。部屋の外に連れて行こうとすると嫌がったりする事さえあります。部屋の外を知らない猫にとっては部屋が唯一の縄張りであるので、その外に出るのには非常に慎重になるからです。

それに対して放し飼いや半室内飼いの経験のある猫は外に対する関心が強く家の外に出たがる事が多いです。

放し飼いは猫にとって非常に危険であらゆるリスクがあります。ですので子猫の時から完全室内飼いをお勧めします。脱走のリスクも減りますし、猫の身を守ることにもつながります。

外に出たそうに窓の外を見ているけど?

よく猫が窓の近くに座って外の景色をじっと眺めている事があります。外に出たそうにしていてストレスがたまっているのではないかと思われるかもしれませんが実際は必ずしもそうであるとは限りません。猫は非常に耳が良いので遠くを走っている車の音に反応してそちらを見ているだけだったり、鳥の鳴き声や虫の鳴き声、人の騒いでいる音などに反応しているだけだったりが大半です。

猫の習性

そもそも猫は自分の縄張りで生活をする生き物です。縄張りがら出る事を怖がる事さえあります。例えばウチの子は病院に連れて行こうとケージに入れて家の外に出るとケージの隅っこでおびえて小さくなってしまいます。まさに借りてきた猫状態です。

室内飼いも猫にとってはその部屋が縄張りなので、むしろその空間から出て新しい場所に行く方がストレスとなります。つまり家にばかりいるからストレス解消のために散歩をする必要はないのです。

運動不足になるのでは?

では運動不足の解消と言う面での散歩は必要なのでしょうか?一般的に猫が運動不足にならないためには1日合計で10分程度の運動が必要と言われています。段差に飛び乗ったり、ご飯のお皿まで歩いたり、そういった小さな運動を合計して1日10分です。活発な子であれば十分達成できる時間です。あまり活発でない子は1日1回遊んであげる時間を作ってあげれば運動不足の解消には十分でしょう。つまり運動面でも散歩は必須と言うわけではないのです。

室内飼いの猫を散歩に連れていく場合

それでも外に出たがり散歩をしないとストレスがたまってしまう子も少なからずいます。

散歩に連れ出す場合は必ずリードをつけて脱走しないようにしましょう。また散歩のコースを決め初めて通る道は避けるようしましょう。猫にコースを覚えさせておけば万が一脱走してしまっても自力で家まで帰ってこれる可能性がぐっと上がります。またコース上の何処かで見つける事が出来るかもしれません。

最後に

やはり個人的には幼少期から完全室内飼いをし、脱走や事故のリスクを低くするべきだと思います。家を唯一の縄張りとしていれば外に出たいと言うストレスを少なくしてあげられます。

考え方は様々ですが、これから猫を飼おうと思われている方は放し飼いにするか室内飼いにするかしっかりと考えてからお家に猫を迎えて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました